2013年
4月
8日
|
02:00
Europe/Amsterdam

アメリカから日本まで ―― SLS AMG GT3が5大陸で発進

メルセデスAMGのカスタマースポーツプログラム2013年レーシングシーズン、全世界で大活躍が期待されます。今年はさらにSLS AMGのレーシングモデル、SLS AMG GT3がアメリカのレースに初参戦することになり、これにより今シーズンのSLS AMG GT3参戦予定レースは世界5大陸20シリーズ以上となりました。今シーズンから新たに発足する「FIA GTワールド」には、ドイツのチーム、「H.T.P.-Gravity(グラヴィティ・) Charouz(ハロウズ)」がSLS AMG GT33台投入するほか、「Seyffarth(ザイファルト) Motorsport(モータースポーツ)」も出場します。24時間レースでは、ニュルブルクリンクとスパフランコルシャン(ベルギー)で総合優勝を狙います。また、ドイツのADAC GTマスターズには3台が出場するほか、日本のSUPER GTにも4チームが参戦します。アメリカのピレリ・ワールドチャレンジについては、「Black(ブラック) Swan(スワン)」と「Green(グリーン) Hornet(ホーネット) Racing(レーシング)」の2台がこのほど戦線に加わりました。
シーズン開幕を控えた2013年2月末には、ポルティマン(ポルトガル)の「Autódromo (アウトドロモ・) Internacional(インテルナシオナル・) do(ド・) Algarve(アルガルヴェ)(アルガルヴェ国際自動車サーキット)」でテストが行われ、多くのAMGカスタマーチームが同サーキットの完璧なコンディションを利用して最終調整を行いました。このイベントではAMGカスタマースポーツプログラムのサポートチームも現地に駆けつけ、専門的な支援を行いました。経験豊富なドライバーとして活躍するドイツ人ドライバーのBernd(ベルント・) Schneider(シュナイダー)やThomas(トーマス・) Jäger(イェーガー)、Lance(ランツェ・) David(ダヴィット・) Arnold(アルノルト)も参加し、長年の経験を生かして各チームにアドバイスやサポートを行いました。メルセデスAMG社 代表取締役社長のオーラ・ケレニウスは次のように話しています。「AMGカスタマースポーツプログラムは3年目を迎え、今回初めてSLS AMG GT3がアメリカでもレースに参戦することとなりました。このことは今シーズンを活気づける1つの要因となっています。モータースポーツはAMG、そしてAMGの遺伝子の中で不可欠なものであり、今年はSLS AMG GT3カスタマースポーツプログラムのほか、人気の高いDTMに出場するメルセデスAMG Cクラスクーペ、それにフォーミュラ1のメルセデスAMGペトロナスの3つの柱で、幅広くモータースポーツ活動を展開してまいります」。AMGカスタマースポーツを統括するウリ・フリッツは次のように話しています。「AMGカスタマースポーツは2013年シーズンにおいても、SLS AMG GT3をカスタマースポーツ専用とし、ワークスチームから出場させないという従来の方針を堅持し、AMGカスタマーチームに対して最善のサポートを行うことを引き続き心がけてまいります。これまで2年間で数多くの勝利を重ねたことに加え、SLS AMG GT3の販売台数が63台と見事な実績を上げたことも、この戦略の正しさを証明しています。AMGとともに3年目を迎えた各チームの皆様が厚い信頼を寄せて下さることに御礼を申し上げます。また、AMGはAMGカスタマースポーツに新しいチームを迎えることを楽しみにしています」。
AMGがアメリカのピレリ・ワールドチャレンジに初出場
今シーズンは、AMGカスタマースポーツとして初めて北米大陸のレースに参戦することになりました。2台のSLS AMG GT3が参戦するこのシリーズは、アメリカのピレリ・ワールドチェレンジ。公道を利用して設けられるレースコース「Streets (ストリーツ・) of(オブ・) St(セント). Petersburg(ピーターズバーグ)」(フロリダ州)で行われた同シリーズ初戦には、「Green(グリーン) Hornet(ホーネット) Racing(レーシング)」のPeter(ピーター・) LeSaffre(ルサッファー)(米国)と「Black(ブラック) Swan(スワン)」のTim(ティム・) Pappas(パッパス)(米国)が出場しました。合わせて9つのレースコースで争われるこのピレリ・ワールドチャレンジ。GTクラスでは30台近くが激闘を繰り広げることになります。Black(ブラック) Swan(スワン)はすでに最初の週末で10位以内に2回入賞しています(8位と9位)。一方、Green(グリーン) Hornet(ホーネット) Racing(レーシング)は第1レースで11位と好成績を収めましたが、第2レースではPeter(ピーター・) LeSaffre(ルサッファー)が途中でリタイヤを余儀なくされました。
好調なスタートを切った2013年モータースポーツシーズン
カスタマーチームの「Abu (アブ) Dhabi(ダビ・) by(バイ・) Black(ブラック) Falcon(ファルコン)」と「Erebus(エレバス) Motorsport(モータースポーツ) GT」はこの冬、2013年シーズンの好調なスタートを切りました。ドバイ24時間レース(アラブ首長国連邦)とバサースト12時間レース(オーストラリア)のいずれでも、SLS AMG GT3が優勝を飾ったのです。一方、欧州のGT3レースは今週、フランス・ノガロで新生FIA GTワールドが開幕となりますが(2013年3月29日~4月1日)、長年続いたFIA GT世界選手権の後継となるこのシリーズには16チーム8ブランドから計26台が参戦します。AMGは「H.T.P.-Gravity(グラヴィティ・) Charouz(ハロウズ)」がプロカップ部門、プロ/アマ部門、ジェントルメンズトロフィー部門と、SLS AMG GT3を合計3台投入。また、「Seyffarth(ザイファルト) Motorsport(モータースポーツ)」も同シリーズに参戦します。ドイツ・ニュルブルクリンクVLN耐久レース選手権の第1戦は、悪天候のため中止となりましたが、2013年4月13日には、伝統のNordschleife (ノルトシュライフェ)(北コース)およびグランプリコースショートサーキットでVLN前哨戦が予定されています。VLNレース第1戦は、「ROWE RACING(レーシング)」と「Car (カー) Collection(コレクション)」が出場します。「Black(ブラック) Falcon(ファルコン)」は他にレースが重なるためやむを得ず欠場となります。
シーズンの見所 ―― ニュルブルクリンク24時間耐久レース
ドイツ・モータースポーツの伝統的ハイライトの1つに数えられるニュルブルクリンク24時間耐久レース。今シーズンは5月17日から20日まで開催されます。AMGはBlack(ブラック) Falcon(ファルコン)、ROWE RACING(レーシング)、Car(カー) Collection(コレクション)の3チームが強豪に立ち向かいます。Bernd(ベルント・) Schneider(シュナイダー)(Black(ブラック) Falcon(ファルコン))、Lance(ランツェ・) David(ダヴィット・) Arnold(アルノルト)、Thomas(トマス・) Jäger(イェーガー)(共にROWE RACING(レーシング))は、AMGサポートプラグラムの一貫としてカスタマーチームをサポートするとともに、アイフェルで行われるクラシック耐久レースには自ら参戦します。
ADAC GTマスターズにはSLS AMG GT3 3台が出場
2013年ADAC GTマスターズには、SLS AMG GT3が3台出場します。チーム別では「H.T.P.- Gravity (グラヴィティ・) Charouz(ハロウズ)」から2台、「Seyffarth(ザイファルト) Motorsport(モータースポーツ)」から1台となります。ADAC GTマスターズは4月26日、オシャースレーベンで開幕。1ヶ所の週末イベントごとに2レースのペースで合計16レースを行います。テレビ中継は、今年も民放テレビ局Kabel 1により全レースとも開始から終了まで生中継される予定となっています。
ブランパン(Blancpain)耐久シリーズに3チームが参戦
ブランパン耐久シリーズには、3チームが出場します。「Black (ブラック) Falcon(ファルコン)(ドイツ)」がSLS AMG GT3を2台投入、イギリスの「Preci(プレシ)-Spark(スパーク)」もこれまで同様参加するほか、同じイギリスの「Fortec(フォーテック) Motorsport(モータースポーツ)」が今回初出場を果たします。ブランパン耐久シリーズのスターティングフィールドはマシン約60台がひしめく壮観なもの。このシリーズは2013年4月14日のモンツァ戦(イタリア)で開幕し、7月27日、28日のスパフランコルシャン24時間耐久レース(ベルギー)が最大のハイライトとなります。最終戦は2013年9月22日のニュルブルクリンク戦となります。
アジアでは5つのAMGカスタマーチームが参戦
SLS AMG GT3は日本でも大活躍が期待されており、「R'Qs (アールキューズ) MotorSports(モータースポーツ)」、「LEON(レオン) RACING(レーシング)」、「GAINER(ゲイナー)」、「OKINAWA-IMP with SHIFT」の4チームがSUPER GTに出場します。また、スーパー耐久では、「PETRONAS(ペトロナス) Syntium(シンティアム)」が2012年の見事な戦績を上げ、今年も堂々たる勝利を得るべく、最高のパフォーマンスを披露します。なお、PETRONAS(ペトロナス) Syntium(シンティアム)はマレーシアのメルデカ12時間耐久レースにおいても昨年に続く勝利を目指しています。
オーストラリアやブラジルなど
SLS AMG GT3カスタマーチームは、主に欧州のサーキットで開催される大きな選手権レースに加え、以下のような南米やオーストラリアなどの大陸で催されるレースや、国内レベルのより小規模のレースにも参戦します。・ オーストラリアGT選手権 : Erebus (エレバス) Motorsport(モータースポーツ) GT・ ブラジルGT選手権 : AMattheis(アマテイス) Motorsport(モータースポーツ)・ イギリスGT選手権 : Fortec (フォーテック) Motorsport(モータースポーツ)・ DMV TCC : AN Team (チーム)、Land(ランド) Motorsport(モータースポーツ)、Schütz(シュッツ)Motorsport(モータースポーツ)・ FIA CEZ : Premium (プレミアム) Poland(ポーランド) Motorsport(モータースポーツ)・ フランスGT選手権 : Autosport (オトスポール) Promotion(プロモシオン)・ GTオープン : Seyffarth (ザイファルト) Motorsport(モータースポーツ)・ スロバキアGT : TopCar (トップカー) Machének(マヘネック)・ スペイン/ポルトガルGT選手権 : Sports (スポーツ) &(アンド) You(ユー)・スーパーカー国際シリーズ:Sports (スポーツ) &(アンド) You(ユー)
アファルターバッハのスターの殿堂
AMGカスタマーチームや所属ドライバーたちによる数々の戦績を称える「Walk (ウォーク) of(オブ) Fame(フェーム)」が新たに設けられました。これは、ハリウッドの「Walk(ウォーク) of(オブ) Fame(フェーム)」と同じく、タイトルを獲得したすべてのAMGチームとドライバーの名前と、12時間・24時間耐久レースでタイトルを獲得したAMG関係者の名前を石に刻み、永く顕彰するものです。メルセデスAMG社代表取締役社長のオーラ・ケレニウスは次のように話しています。「アファルターバッハのWalk(ウォーク) of(オブ) Fame(フェーム)は、AMGカスタマーチームや所属ドライバーの活躍に感謝の気持ちを表すものです。ガルウィングレーシングカーのSLS AMG GT3により数年の間に世界中でこのように多くの勝利を獲得できたことはメルセデスAMGにとって大きな誇りです。2013年もAMGカスタマーチームが活躍し、このWalk(ウォーク) of(オブ) Fame(フェーム)に新しい名前が次々と加わることを期待しています」。