2017年
4月
6日
|
00:00
Europe/Amsterdam

SUPER GT 2017にAMGカスタマースポーツ5チームが参戦

サマリー

・ GT300クラスにFIA-GT3モデル「Mercedes-AMG GT3」が4台参戦

・ メルセデスAMGはGT300クラスでは最大の5台体制

 

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、2017年SUPER GTのGT300クラスに「AMGカスタマースポーツ」として、メルセデスAMG社が製造・販売するメルセデスAMG GT3およびメルセデスAMG SLS GT3が合計5台参戦すると発表しました。

メルセデスAMG GT3は、2014年にワールドプレミアしたメルセデスAMG GTをベースに、高剛性アルミニウムスペースフレームにより軽量化を図りつつ乗員保護性能を強化しています。また、カーボンファイバーシートパンや高張力鋼板を用いたロールオーバーゲージを採用。さらに、エンジンカバー、ドア、フロントスポイラーおよびリアエプロン、サイドスカート、ディフューザー等もカーボンファイバー製とし可能な限り軽量化を図るなど、レーシングカーとして極限まで進化しました。

メルセデスAMG GT3の心臓部には、メルセデスAMG独自開発の6.3リッター自然吸気V型8気筒エンジンが搭載されます。

メルセデスAMG GT3は、昨年のSUPER GT開幕戦(岡山国際サーキット)にてデビューし、1位、2位、4位に入賞するなど、シーズンを通して速さと信頼性の高さを発揮しました。

SUPER GT 2017 GT300クラスにメルセデスAMG GT3で参戦するチームは、GOODSMILE RACING & TeamUKYO(No.4)、GAINER(No.11)、K2 R&D LEON RACING(No.65)、Rn-sports(No.111)の4チームです。SLS AMG GT3で参戦するチームは、R’Qs MOTOR SPORTS(No.22)です。メルセデスAMGはGT300クラスに最大となる5台体制で参戦します。

「メルセデスAMG GT」は、「SLS AMG」に続く、メルセデスAMG社による独自開発モデルの第2弾です。“Handcrafted by Racers.“をスローガンに掲げ、何よりもスポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが創り上げました。

「モータースポーツこそが技術力の優位性を何よりも端的に示す」、この確固たる信念に基づき、AMG(エーエムジー)は1967年に誕生しました。その名は、創立者のハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエアハルト・メルヒャー(Melcher)、アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字から取られています。当初はメルセデス・ベンツの市販車をベースに独自の改良を施したレーシングマシンを製造し、数々のレースにおいて輝かしい成績をおさめてきました。1988年からはメルセデス・ベンツと本格的なパートナーシップを組み、中核となるモータースポーツ活動を通して培ったレーシングカーテクノロジーとメルセデス・ベンツの最先端技術を結集し、メルセデスのトップパフォーマンスモデルの開発とエンジンの生産を行っています。AMGは2017年で設立50周年を迎えます。

SUPER GT 2017 GT300クラス AMGカスタマースポーツチーム体制

No.

チーム

車両名

監督

ドライバー

4

GOODSMILE RACING & TeamUKYO

グッドスマイル 初音ミク AMG

片山 右京

谷口 信輝

片岡 龍也

11

GAINER

GAINER TANAX AMG GT3

田中 哲也

平中 克幸

ビヨン・ビルドハイム

22

R’Qs MOTOR SPORTS

アールキューズ SLS AMG GT3

黒田 朋宏

和田 久

城内 政樹

65

K2 R&D LEON RACING

LEON CVSTOS AMG

溝田 唯司

黒澤 治樹

蒲生 尚弥

111

Rn-sports

エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT

植田 正幸

石川 京侍

山下 亮生

植田 正幸